• ホーム
  • 個人も企業もYouTubeを使って収益を得る

個人も企業もYouTubeを使って収益を得る

YouTubeの台頭は広告業界に革命をもたらしたといっても過言ではありません。
それまで動画での広告といえば基本的にテレビコマーシャルが一般的でした。
莫大なコストのかかるテレビコマーシャルですが、高度成長期にはどの企業も資金に余裕があったのでたくさん打つことができていました。
よってテレビ業界も予算があり、いろいろな番組で大掛かりなセットを組んだり、お金のかかる企画を行ったりしていました。

ところが、景気の衰退と同時にネットが登場し、YouTubeが伸びてきたのです。
ほとんどの人たちの娯楽だったテレビも、今では見る人が少なくなりスポンサーの確保が大変難しくなっています。
いわゆるテレビ離れというのが顕著になり、見かけるテレビコマーシャルは同じような業界のものばかりになりました。

一方、テレビよりも視聴時間が増えてきているYouTubeの方では誰もが簡単に動画を作ることができて、アップロードするだけで世界中の人に視聴してもらうことができるということで、個人も企業もこちらを利用するようになってきました。
YouTubeは動画をアップロードするだけでなく、そこにコメントを打つことができたり生のライブ配信ではチャットを導入することができるので、視聴者の反応がリアルタイムで分かります。
これはビジネスにおけるマーケティングに大いに活用できます。

また、本来広告を打つ場合は高いコストがかかるものですが、人気動画になればそこに別の企業のコマーシャルを挟んで収益を得ることも可能です。
YouTubeのような動画サービスの人気は、動画編集ソフトの競争も激化させることになり、今ではリーズナブルな価格でプロ顔負けの編集が可能になりました。
企業のような組織ではなく個人事業主であっても、動画を制作する人がひとりいれば、自分のテレビ局を持てるような時代というわけです。

このように様々なメリットがありますが、ビジネスにおいて全くデメリットがないわけでもありません。
テレビ局などに広告を打つ場合と異なり、YouTubeでは自由に動画を制作できる分、内容のチェック体制が緩い部分があります。
最低限のルールは当然設けられていますが、内容によっては炎上という逆効果を生むことがしばしばあります。
活用する場合はきちんと制作者を教育する必要があるでしょう。
とくに個人事業主による動画の運用はすべて自己責任となってくるので、注意が必要です。

関連記事